真の生ける水への渇きを潤す

カルメルの霊性の中心は絶え間ない祈りにおいて神と親しく生き、そこから汲み取った力で人々へと向かう生き方です。
祈る、愛する、生きる、はカルメルの霊性において全く同意語となっています。
それを源泉として、あらゆる多様なカルメルの生活形態とその活動が生み出されてきます。
現代の混沌とした社会の中でも、この源泉に少しでも近づき、真の生ける水への渇きを潤すすべを学んでいきましょう。

≪NDVアーカイブ≫ テレーズ と 聖母マリア ― 信じたかた、神の母(1)

2020年3月25日

神のお告げの祭日(3月25日)を記念して、今回は2011年5月8日に掲載しました 『テレーズ と 聖母マリア ― 信じたかた、神の母(1)』をご紹介します。執筆者:伊従 信子(ノートルダム・ド・ヴィ会員) (一)真実のマ […]

・カルメルの霊性・ キリストの歩まれた道を聖母マリアとともに 伊従信子 2020年3月

2020年3月9日

この世において苦しみが絶えることはありません。 時と場所を超えて、苦しみの原因、様相は違っても。 しかし、苦しみをどのように耐えて生き抜くかは、 人によって違います。苦しみを知る人は、安易に他者の苦しみを慰めることはない […]

・カルメルの霊性・ 出会うために 伊従信子 2020年2月

2020年2月20日

救い主の誕生をよろこび祝い、新しい年が始まってはや1か月の時がたちます。この世を支配し、人間を破壊する力に対し、神はまったく無力な存在として人間の歴史に介入され、分裂した人類に新しい一致をもたらされました。徹底的な無力さ […]

今日は 福者 幼きイエスのマリー=ユジェーヌ神父の祝日です。(2月4日)

2020年2月4日

2月4日はマリー=ユジェーヌ神父の祝日です。彼の司祭叙階記念日でもあります。(1922年2月4日)マリー=ユジェーヌ神父が司祭叙階日に記した日記をご紹介します。(写真は1966年 野外ミサにて) 「わたしは司祭だ。永遠に […]

≪NDVアーカイブ≫ 2012年6月 -テレーズと神のいつくしみの愛-(後編)奉献の意義

2020年2月2日

今回は2012年6月6日に掲載しました 『テレーズと神のいつくしみの愛 後編』をご紹介します。執筆者:伊従 信子(ノートルダム・ド・ヴィ会員) 後編の今日は 『奉献への意義』 です。 まだ正義の神の観念が色濃かった頃、罪 […]

【音声】片山 はるひ講話『希望と信頼』2020年1月

2020年1月22日

今年最初の講話は『希望と信頼』についてです。 福者幼きイエスのマリー=ユジェーヌ神父やリジューの聖テレーズの言葉を交えながら、キリスト者にとっての『希望』『信頼』とは何か?について語っています。 2020年1月収録 約1 […]

≪NDVアーカイブ≫ 2012年5月 -テレーズと神のいつくしみの愛-(前編)奉献への招き

2020年1月18日

今回は2012年5月23日に掲載しました 『テレーズと神のいつくしみの愛 前編』をご紹介します。執筆者:伊従 信子(ノートルダム・ド・ヴィ会員) 前編の今日は 『奉献への招き』 です。 1895年6月9日三位一体の祝日に […]

≪NDVアーカイブ≫ 十字架の聖ヨハネ みことばの光についての証言(あかし)(2)2010年12月掲載分  

2019年12月14日

十字架の聖ヨハネの祝日にあたり、2010年12月11日に掲載しました 『十字架の聖ヨハネ みことばの光についての証言(あかし)(2))』をご紹介します。 まなざしの浄化 大事なことは何でしょうか。わたしたちのまなざしを浄 […]

無原罪の聖マリアの祭日

2019年12月9日

今年は12月8日が待降節第2主日と重なりましたので、今日、12月9日に無原罪の聖マリアの祭日が祝われます。ミサの聖書朗読も3つあり、栄光の賛歌も唱えられます。 通常、主日(日曜日)に重なってしまった聖人などの祝日はそのま […]

カルメル会の諸聖人の祝日

2019年11月14日

今日11月14日はカルメル会の諸聖人の祝日です。多くの修道会が11月に会の諸聖人の祝日を持っていて、翌日を会の諸死者の日としています。 このようなサイトを見つけました。英語ですが。。。All Carmelite Sain […]