真の生ける水への渇きを潤す

カルメルの霊性の中心は絶え間ない祈りにおいて神と親しく生き、そこから汲み取った力で人々へと向かう生き方です。
祈る、愛する、生きる、はカルメルの霊性において全く同意語となっています。
それを源泉として、あらゆる多様なカルメルの生活形態とその活動が生み出されてきます。
現代の混沌とした社会の中でも、この源泉に少しでも近づき、真の生ける水への渇きを潤すすべを学んでいきましょう。

カルメル会の諸聖人の祝日(11月14日)とカルメル会の諸死者の記念日(11月15日)

2021年11月14日

このページをくるころは紅葉の饗宴に招かれているでしょうか。温暖化、そしてコロナ禍で季節感も薄らいできます。でも時間は確実に流れてゆくのを感じる季節です。諸聖人、死者の日を祝う11月は教会の伝統では死者の月とされています。 […]

三位一体の聖エリザベットの祝日おめでとうございます。

2021年11月8日

「あなたは神の住まいである」(エフェソ 2・ 22)という聖パウロのことばを考えてみてください。聖三位は一日中、昼も夜もあなたのうちに住んでおられます。ご聖体のように聖なる人性はそこにはありませんが、天国ですでに光栄にあ […]

【動画】 祈りの集い 2021年 10月 テレサと共に祈る(5)「主の祈り」

2021年11月2日

気持ちの良い秋晴れが続く日々となりましたが、皆様お元気でおすごしでしょうか?  2021年10月の祈りの集いの動画をお届けします。今月は再び、「主の祈り」を取り上げました。「主の祈り」については、テレサが『完徳の道』の後 […]

アビラの聖テレサの祝日おめでとうございます。

2021年10月15日

神のお恵みがなければ、私たちは無にすぎません。自分の力には少しも信頼せず、主の御憐みに信頼を置くべきです。 アビラの聖テレサ 小品集(神愛考 第3章12)より

ヨセフ と テレサ

2021年10月11日

コロナ禍でも開催された「2020年オリンピック、パラリンピック」後、さらに強力なウィルスとの新たな戦い、そしてテロとの戦い、避難・難民の移動・・・と日々新たな闇、霧に覆われる日々は気候変動からの災害・・・でも、9月のはじ […]

リジューの聖テレーズの祝日おめでとうございます。

2021年10月1日

自分を与えずにはいられない愛、無償で与える愛、このような愛をテレーズは、神のうちに発見したのです。聖テレーズの使命は、全教会に向けられたものであり、カルメルの使命を越えるものなのです。 福者幼きイエスのマリー=ユジェーヌ […]

≪NDVアーカイブ≫カルメルの霊性 神と親しくなるために(18)リジューのテレーズ

2021年9月16日

今回は2011年9月1日に掲載しました 『神と親しく生きるために(18)リジューのテレーズ』 をご紹介します。執筆者:伊従 信子(ノートルダム・ド・ヴィ会員) 神と親しく生きるために      幼きイエスのマリー・エウジ […]

カルメル山の聖母の祝日おめでとうございます

2021年7月16日

私に対する神の計画が完全に実現されますよう、 聖母よ、私をふさわしい者としてください。 私の信仰と愛を強めてください。 私が余すところなく私の全てを神に捧げる事ができるよう、 どうか私を導いてください。(福者幼きイエスの […]

【動画】祈りの集い 2021年 7 月 テレサと共に祈る(3)祈りを学ぶ

2021年7月11日

今回の講話では、聖母文庫の『イエスの聖テレサと共に祈る』の内容にそって解説致しました。みなさまが実際に祈ろうと思われた時にお役に立つのではないかと思います。(片山はるひ ノートルダム・ド・ヴィ会員)

聖ヨセフ と 預言者エリヤ 

2021年7月4日

信仰のうちに、神の呼びかけに応える人、愛のうちに、与えられた使命・責任を負い、実行する人、そして希望のうちに、謙遜に静かに身を引く人。信仰・希望・愛の対神徳は聖ヨセフの生き方のうちに確かに表されています。神の人であったエ […]